手軽に身体を引き締める効果がある筋トレがスクワットチャレンジ

むくみおよびロコモティブシンドローム予防

お腹

スクワットチャレンジが注目されている理由は、現在若い世代で増えているむくみ解消と高齢者で増えているロコモティブシンドロームを予防する効果があるからです。むくみもロコモティブシンドロームも共通する原因というのが、足腰の筋肉が年齢別の標準値よりも落ちていることによって引き起こされています。逆に考えればむくみやロコモティブシンドロームを予防及び改善するためには、足腰を鍛える運動をすることによって引き締めることができればよいということになります。そこで1週間のうちに3回を目安にし、椅子に座ったような形まで上半身を落とすスクワットを30回から50回を行うことによって足の筋肉に丁度良い負荷がかかり効率よく足腰を鍛えられるのです。

スクワットの効果で全身の引き締め効果

体重計

スクワットチャレンジの目的は足腰を鍛えることでむくみ及びロコモティブシンドロームを改善することですが、実はもう一つ注目されるのが全身の引き締め効果を得られるメリットがあるからです。なぜ下半身を鍛える運動のスクワットで、全身の引き締め効果があるのかというとそれは足腰には細胞を作り直す代謝細胞が最も多く存在しているのが理由になります。足腰は重力に加えて上半身の重さを随時耐えているだけでなく、軽い歩行時でも骨や筋肉には大きな負担がかかっています。その負荷で日常生活に支障をきたさないように、足は常に新しい細胞を作って保護しています。そのためスクワットで足に負荷をかけると、その負荷を回復させるために脂肪を使うので全身が引き締まるというわけです。

魅力は場所問わないことでも注意点がある

お菓子と女性

スクワットチャレンジの魅力は特別な器具を使わずに、ただ上半身を椅子に座った状態になるまで落としたら元の姿勢に戻るというのを続けるだけです。そのため場所を問わずに、自宅で空いた時間に手軽のが行えるのがメリットです。ただスクワットは正確な姿勢で行わないと、腰とひざに負担をかけてしまうので注意する必要があります。正確なスクワットの方法は、足を肩幅より少し広めに開き足の爪先は少し外側に向けます。そして上半身を落とすときには、お尻を後ろに突き出し膝が爪先より前に出ないように椅子に座るイメージで行うのが重要です。これをしないと、先に言ったとおりに腰とひざに負担がかかってしまい怪我の原因になります。正確な方法を行っても、これまで運動をしてこなかった人がいきなり50回を目安にしてしまうと筋肉が負荷に耐え切れずにこれもケガの原因になってしまいます。そのため日頃から運動していない場合は無理をせず、10回から初めて徐々に慣らしていって最終的に50回にするのが重要です。

広告募集中